飛び込み営業マン 守るべき掟。

セ-ルスマンシップ
スポンサーリンク

OK!工事くん 今日もセールスマンのお話しです。

飛び込み営業マン 守るべき掟。

今から32年前金融機関を退職しその後転職をした時の話しです。面接翌日に出社と言われ初日は研修だろうと思いこんでいました。淡い期待はぶち壊されいきなり猛烈な勢いで朝礼の洗礼を受け、そのまま上司であるリ-ダーと現地へ向かいました。リ-ダ-は車でテリトリーを見定め家の前で掃除をしているご主人様にアプローチを仕掛けることに。素晴らしいキレのあるト-ク、数分もしない中で自宅の中へ入り即クロ-ジングです。アプローチからクロ-ジングまで時間にして約40分。私は「決まった」と思い横で話を聞いていました。その時ご主人様が私に視線を投げてひと言発したので、私は相槌をうちニコリと邪魔しないように心がけたのでてすが・・・

結果、その商談は即決にならず後日の返事待ち。それでも私は契約は決まるなと思いリ-ダ-に素晴らしい商談だったですねと話しかけたところ、いやあれはダメだと。お前が喋ったから空気が変わり逃げられた。まさに私の責任で契約はダメと言わんばかりに叱られました。相槌も会話の一つ、土俵の中は俺とお客様の戦いをしている。横に座った人間は口出しをするなと言わんばかり。結局その1件を見せられ資料の入ったフアィル1冊をポイと渡され、これで分かっただろうああいう風に商品を販売しろと命令が下りました。えっ! 昨日面接、今朝出社をし昼の商談1件を見せられ後は自分で考えて行動しろとの事である。私はこの会社がブラックだとは思わないのですがまさに今で言うブラック企業だったのです。当然初日から契約がとれるはずもなく深夜の1時に帰宅をしました。

創業間もない会社には少なからずこういう職場の雰囲気があるということを自覚する。
無理もありません。完全歩合の世界で生きていこうとしている人たち、まさに弱肉強食の世界(職場)です。
人の世話より本日の食い扶持が確保できるかどうかの瀬戸際だったのです。私の思考とは少し違いますが金融機関で渉外担当を経験した男の甘さを初日で粉々に砕かれることになったのです。
飛び込みセールスは2対1でお客様と対峙をしていはいけないということ。
飛び込みセールスではクロ-ジングは二人でしてはいけないという掟です。あくまで土俵内での戦いの主役はお客様と一人のクローザーだということです。今回の体験は極端な例ですが、商談中はクローザーは同行者に自分の空気を壊されたくないという気持ちです。同行する社員はその事に気を配らないといけません。営業は全て相手を思いやる気持ちを求められています。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました