かんぽ生命保険 赤信号 みんなで渡れば怖くない法令違反。

雑記
スポンサーリンク

OK!工事くん 今日もちょっと気になるお話しです。

かんぽ生命保険 赤信号 みんなで渡れば怖くない法令違反。

 

飛び込み営業マンのsalesman shipを語る私にとって、

かんぽ生命保険、不正販売の記事を読むたびに怒りがこみあげてきます。

次から次へと、かんぽ生命保険の不正販売の実態が明るみになっています。

営業の新人募集を行い、募集で入ってきた若手に郵便局の顧客リストからアポをとらせ、営業インストラクターという上司がクロ-ジングを行う同行営業が明るみになってきています。

同行営業で地域の高齢者宅に訪問をし詐欺まがいの営業手法で高齢者相手に保険契約を獲得をする。

『相手の暮らしより、自分達の数字を上げることしか考えない営業』とヤフーニュースの記事に退職をした若い社員のコメントが書かれていました。

私が最も嫌う営業手法です。

新人社員にアポを取らせてクロ-ジングを行い。  歩合を折半するシステム。

業績の評価は上司で、その後のクレーム処理や責任は新人の部下に背負わせてしまうという

何と卑劣な販売手法でしょうか。   最悪としかいえません。

こういうことが上場企業で平然と行われていたのです。

この企業の社長や役員達は自分達の部下がやっている実態が見えなかったはずはありません。

全て見て見ぬふりをし会社ぐるみで『赤信号みんなで渡れば怖くない法令違反』をしていたのです。

自分達の業績の評価だけを考えて、人(高齢者)が不幸になっても平気なのでしょうか?

自分達のエリート意識の暮らしが確保できれば満足なのでしょうか?

世間知らずでどうしょうもないエリート集団だと思います。

自分達の手は汚さずに上から下へ下へと汚い事を下ろしていく郵貯グループは組織として腐敗をしてると思わずにいられません。

まったく働いている社員も可哀想です。

日本郵政グループがこういう事をするのかと、今でも信じられません。

自浄能力のないトップは早々に自ら辞職し。

国民の信頼を得るような日本郵政グループにもどってほしいと切に思います。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました