飛び込み営業マン 現場で体験した冷や汗が出る恐怖体験1章。

雑記
スポンサーリンク

飛び込み営業マン 現場で体験した冷や汗が出る恐怖体験1章。

飛び込み営業マンを経験するといろんなエピソードを体験します。

ちょっと怖い冷や汗が出るお話しを紹介します。

営業活動中の暇つぶしに読んで下さい。

バットを持った男が猛然と前方から走ってきた! らどうする。

和歌山の橋本市に高野口町という町があります。

そこで飛び込み営業をしていた時のお話しです。

私含め3人で営業活動をしていました。

春日和の穏やかな日におきた冷や汗が出る怖い体験でした。

その日は車を止めて1件1件丁寧にロ-ラ-活動を行っていました。

すこし坂道が多い町なのですが、その坂道を気持ちよく歩いていると

坂のてっぺんから男の怒鳴り声が、お-いこらぁ~! 待てぇ~! 猛然と男が走ってきます。

『待てぇ~』と言われても私は逃げている訳ではありません。上っている訳です。

その手にはバット バットを握りしめて猛然と走ってきます。

私はあれ?  何だろうと思い。

後ろを振り返ったところ誰もいません。

えっ!  ひよっとしたら私 私の事……。

と思った瞬間、男との距離が縮まり私の前に立ちはだかっていました。

考える暇もなく、目の前に来た男は今まさにバットを振ろうと身構えて

私に向かってお前『こらっ!』と叫びました。

直感的に身の危険を感じながらも、平然と切り返しト-クを放っちました。

相手の気を威圧する思いを込めて『どうされました! ご主人!』と問いかけました。

男はお前かと私に言います。

俺の家に訪問をし女房に捨てセリフを吐いただろう。

それでようやく襲ってきた意味が理解できました。

ひょっとしたら他のメンバーがやらかしたかと不吉な気持ちになりながらも、

ご主人さん落ち着いて下さい。

どんな服装でしたかと問うと、返ってきた答えはジャンバーを着ていたと言います。

ご主人さん私ジャンバー着ていませんけど。

あっ本当やな!

誰かとすれ違ったかと聞かれたので、いいえと答えました。

そうかすまなかった。人違いだと詫びてくれました。

それでご主人様はまた坂道を下っていきました。

ふっとため息をついた私でしたが、私には心あたりがありました。

少し前にふとん屋の訪販とすれ違っていました。

確かにやつらはジャンバーを着ていたのです。

本当に危なかったところでした。

その後、ふとん屋はどうなったやら……。

しかし、こういう事は本当に残念なお話しです。

飛び込み営業マンが絶対行ってはいけない行為が、テリトリーでの捨てセリフです。  最低の営業マンの行為です。  人間としても失格。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました