飛び込み営業マン 深夜の契約はアドレナリンが溢れてくる。

セ-ルスマンシップ
スポンサーリンク

OK!工事くん 今日も飛び込みセールスマンのお話しです。

飛び込み営業マン 深夜の契約はアドレナリンが溢れてくる。

雨が降り続いて止んだ後の深夜10時前、住宅街は何とも言えない静けさです。

お客様の家の近くに車を停めご主人様の帰宅時間を待っている私がいました。

張り込み……。   さながら刑事です。

今夜このお客様宅で契約をあげないとこけるという絶体絶命のピンチ。

そういう場面では少し緊張します。それは不安からくる緊張ではありません。

契約をとるという自分に対する責任感からくる緊張です。

大げさな話しと聞こえるかもしれませんが

本当にこけられない戦いを飛び込み営業マンとして実践しました。

リ-ダ-になればなるほどその意識は強く持たされます。

私の勤めた職場に明日頑張るという意識はありません。

日々決算なのです。

寝ても覚めても毎日毎日の結果に対する意地の張り合いです。

 

近寄って来る車のヘッドライトの灯りを見ながら

ひたすらご主人様の帰宅を待ち詫びている自分がいました。

深夜近くの住宅街、いくつかの家の灯りを見ると、俺もサラリーマン生活でもしていれば

今頃の時間は風呂にでも入って家族と楽しく話し合っているんだろうと思いつつ……。

ひたすら今日最後のターゲットを待っています。

言葉は悪いですが、追い詰められた時の自分の心の中には狩猟感覚が覚醒してきます。

お客様は獲物……。

昼間契約がとれず最終時間まで持ち越してしまったという焦り。

必ず仕留めなければならないという時の私の集中力はすごいものがありました。

スポーツでいうアドレナリンが自分の脳神経に分泌されてくる事を感じる時があります。

営業でアドレナリン?  本当に? と思われるかもしれませんがふつうの営業では出ません。

歩合でやる飛び込み営業だからアドレナリンが分泌されるのです。

今日契約をとる事が出来なければ一日働いて日当が0円だと思って下さい。

建設現場で重労働をこなし0円、考えられないでしょう。

そういう気持ちで飛び込み営業をやっていました。

単身赴任で家族を和歌山に残し働いているのは稼ぎたいという気持ちと

急成長している会社に自分の夢を託していた時期があったからです。

どんな状況下におかれても必ず1本のオ-ダ-契約を叩き出すんだという強い思いです。

 

これかと思っていると家の前で車を止めバックで車庫に入る1台の車。

心の中で帰ってきたと思った瞬間に外へ飛び出しご主人様の方へ走っていきます。

ご主人様が玄関のノブを掴み家の中に入ろうとした瞬間に声をかけました。

こんばんは!   夜分遅く申し訳ありません。

昼間奥様にお話しをして~云々と説明をしたところ。

ご主人様は困惑しています。 そして何秒か経過したところで状況を悟ったみたいです。

悪いが今夜遅いので次回にしてくれないかと返ってきました。

その瞬間切り返しト-クが炸裂「いや! そういう話ではないんです! ご主人さんちょっと聞いて下さい!5分10分でいいんです!」と私がト-クをぶちかましました。

お客様が断ろうとした瞬時に相手の気を制するト-クが放たれたのです。

そのまま一緒に玄関口から家の中へ入っていきクロ-ジングとなりました。

昼間奥様にしっかりクロ-ジングをしていました。

家の中に入って奥様にご挨拶を行いさっそくクロ-ジングです。

最後は奥様の手助けもあり契約は太陽熱温水器2台セットで決まりました。

お客様宅を出たのが12時前。 これから事務所に戻ったら深夜の2時頃……。

しかし報告をした時の支社長の嬉しそうな声に疲れも吹っ飛んだ気持ちです。

飛び込み営業マンにとって契約はビタミン剤です。

全ての疲れが癒されます。

 

最後に

全ての飛び込み営業マンにとって時間は平等に与えられます。

その与えられた時間をいかに有効に消化していくか、

そして最後の最後まで諦めないという気持ちが大事です。

私の体験談としてのこのブログ記事を書きましたが、

決めた獲物を必ず落とすという貪欲な執念が実を結んでいきます。

 

 

 

 

 

 

 

コメント

  1. 木村 より:

    本当にありがとうございます  これこそトップ営業の真髄。
    この気を制するトークができるかどうかは 分岐点ですよね
    並みの営業か取れる営業か  更に夜10時の住宅地でかませられるのが
    何千人のトップに立てる 超一流   勉強になります

タイトルとURLをコピーしました