飛び込み営業マン クロ-ジングにセールステクニックは必要ない。

セ-ルスマンシップ
スポンサーリンク

OK!工事くん 今日も飛び込みセールスマンのお話しです。

飛び込み営業マン クロ-ジングにセールステクニックは必要ない。

 

アプローチ編で

飛び込み営業はクロ-ジングよりアプローチが難しいと書きました。

お客様との出会い、気が付かなければ通り過ぎていく人の縁を結ぶアプローチにこそ感性を磨かないといけないしテクニックも必要です。

ではクロ-ジングは何が一番大事なのでしょうか?

クロ-ジングテクニックの書籍は山ほどあります。

youTubeなどでもテクニックの情報を見る事もできます。

テクニックを学びたい人は、そういう情報を積極的に読んだり見たりすれば良いと思います。

多少相手の心理の事もわかるかもしれません。

積極的に情報を得る事は大事な事だと思います。

そういう努力も必要だと思うし否定もしません。

会社の社内にもマニュアもあるでしょう。

しかし常に取り残されているのはハ-トの部分です。

テクニックだけでは落ちないお客様の心。

 

クロ-ジングにセールスト-クは必要ないというのが私の持論です。

クロ-ジングのアポのセッティングができれば あとの回答はシンプル。

 

勇気をもってト-クをぶっ放すという事です。 自分の言葉でシンプルに喋ればよい。

売れない営業マンがテクニックに溺れ

テクニックばかり押し付けていては相手の心は動きません。

何も知らない駆け出しの頃、

無我夢中で話しをした結果、

販売に結びついた経験は誰しももっていると思います。

それはいい人に巡り合ったからです。

幸運だったかもしれませんがあなたを認めてくれる人がいたのです。

そのいい人とは馬鹿な人ではありません。

騙されやすい人でもありません。

お客様からすれば訪問してくる人間は  「どこの馬の骨かもわからない人間」。

お客様はあなたの事を頭のてっぺんから足元のつま先までしっかり見ています。

見抜いた中であなたと契約を交わしました。

お客様は契約を交わした後でこう言いました。

あなた新人ですね。

しかし、一生懸命喋っているあなたの気持ちに負けたよ。

それに近い言葉をいただいた経験が誰しもあります。

新人の頃にできた純粋で一生懸命なト-クがどうして通用しなくなってしまったのでしょうか?

売りたい欲望があなたをダメにしていく。

 

売りたい売りたい何とかノルマを達成したい……。

飛び込み営業マンはいつも悩んでいます。

プレッシャーに追われているのです。

あなたの純白な心にテクニックという鎧がどんどんまつわりついていきます。

お客様からすると何か見えてこないという状況が生まれてきます。

飛び込み営業マンは常にお客様と同じ目線で語り、

あなたの人柄が通じた時に心が動くのです。

今日やってきた営業マンは感じのいい人だ、

この男の話しに嘘がない。

あなたの視線、顔の表情、

夏の最中あなたのワイシャツは汗でびしょびしょになっている

それでも話しを止めないあなた。

その額から汗が一筋こぼれた瞬間、

お客様は必ず見ています。

感動させる営業を心がける為、自分の言葉を探せ!

 

結論

飛び込み営業マンを志し働いてみるとその職場には必ずトップセ-ルスマンがいます。

残念ながら全員トップセ-ルスマンにはなれません。

真似のできるところとできないところがあります。

かりに真似ができたとしても

そのト-クはあなたには合わないかもしれません。

私は部下にいつもこう伝えます。

人間みな違う。この会社で販売する商品は2つある。

一つは販売を目的とする商品。

もう一つはお前達だと言います。

お客様にとってこの営業マンと契約を交わしたいと

思わせるような人間になってほしいと伝えます。

それには不器用な営業でもお客様を感動させる言葉が必要です。

自分の持つべき言魂。

クロ-ジングという土俵入ったら正々堂々とまっすぐに自分の信念をぶっ放す。

その時、あなたの言葉で語って下さい。

新人営業マン、売れなくてつらい日々を送っている営業マンは

トップを目指すことだけが仕事の目的ではありません。

商品に自信がもてるかどうか、

自分の仕事に誇りをもっているかどうかが問われます。

あなたの生きざまが試されています。

その生きざまが言葉となり、お客様に伝わるかどうかが大切なのです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました